どこで持ち込みタイヤ交換するのがベスト?

ガソリンスタンド

少数ながらカー用品を扱っているガソリンスタンドもタイヤ交換可かもです。

ガソリンスタンドは給油するための施設ですが、他の業務も行っているのでもし タイヤの販売もしているのなら持込タイヤでも交換をしてくれる可能性はあります。 新品のタイヤを売っているガソリンスタンドなら当然タイヤ交換をする技術者が そこにはいるでしょうし、設備もあると考えるのが妥当だからです。 タイヤ販売を行っていないガソリンスタンドだと交換できるスタッフもいないし 設備もない、という可能性もありますが、業務内容に含まれるのが確実なスタンド ならチャンスはおおいにあるでしょう。 それを見分ける方法は簡単で、単純にそのガソリンスタンドがタイヤを売ろうと しているかどうかを見極めるだけです。 バッテリーやエンジンオイルは店頭や中の受付に並んでいるけどタイヤはどこにも 見当たらない、のであればタイヤに関するサービスはほとんど行っていないと 諦めるほうがいいですが、そうでなければ声を掛ける価値はおおありです。 当店で購入したタイヤに限り行っています、と言われることもありますし持ち込み タイヤだとちょっと高くなりますよと釘をさされることもあるでしょうが、料金 を確認しておけば他との比較にもなりますし無駄にはなりません。 なので給油ついでにでも「ここって持ち込みタイヤ交換てしてくれるのかな?」 「料金はいくらになるのかな?」「予約は必要なのかな?」と矢継ぎ早に質問 しておくと後から役立つかもしれません。 お断りされたり割高な料金を提示されるかもしれませんが、その時は「参考に なりました、ありがとう」と言い残してそこから立ち去れば、不審がられることも なくそのやりとりは忘れてもらえるはずです。 もともとガソリンスタンドは燃料油は安いのですがそれ以外のカー用品は決して 安くはなく、カーショップと比較すると数割高いようにも思えます。 ガソリンスタンドでカー用品を購入するケースでは買う・買わないの選択の自由が ない場合も多く、どうしても今すぐここで買わないと問題がある、と値段によって 決断が覆ることもない場合がほとんどです。 なので量販店のように安さをアピールする必要がなく、それがガソリンスタンド でカー用品を買うと高いと思わせる理由になっているのです。 そのためタイヤ交換の工賃も安く設定する意味がそれほどなく、持込の場合なら なおさらサービス価格にするわけがないのです。 これが従来のガソリンスタンドのスタンスですが、自動車整備工場と同じく現代 社会ではめまぐるしい変化に対応できなければ淘汰されてしまいます。 若者の自動車離れも深刻なようですし、ガソリンスタンドもガソリンの販売だけで この先やっていけるか不安なためかサービスの幅を広げて売上を伸ばそうと躍起に なっている、そんな印象もあります。 洗車業務は言うに及ばず、車検の代行も昔より活発に引き受けたがっていると 給油のたびに感じる人もいるのではないでしょうか。 なので現在は持ち込みタイヤ交換に消極的なガソリンスタンドも、徐々に受け入れ をする所が増えていくと予想するコメンテーターがいるのです。 また条件付ではありますが、かなり安価で受け付けてくれるガソリンスタンドも すでに存在はするようです。 条件ですがここで購入した場合に限り、となっているのでお互いが提携していると 考えると完全に持ち込みタイヤとはいえないかもしれませんが、それでも形だけを 見れば通販で購入したタイヤをガソリンスタンドで交換してもらう、になるので セーフにしてもいいかもしれません。 とにかくどんな形で発展するのかはまだ分かりませんが、それなりの設備を備えて いる多数のガソリンスタンドが持ち込みタイヤ交換の主戦場になる可能性はそう 低くはないのでしょうか。 なので今のうちから工賃を調べておくとどんな変化をしていったのか丸分かり なので、ちょっと面白いかもしれません。